会社概要

社名 Yプロジェクト株式会社
設立 2013年4月1日
資本金 200万円
代表者 島康子
スタッフ 吉田静香
事業内容 ■地域の特産物を生かした商品の開発及び販売 ■ホームページ・チラシ・パンフレットなど広報物の企画・デザイン・編集 ■旅行業法に基づく旅行業 ■地域活性化に関わるコンサルティング・講演・イベントなどの企画立案
所在地 青森県下北郡大間町大字大間字蛇浦道11-7
電話 0175-37-5073

ふるさと大間


目の前にあるのは、津軽海峡、宝の海。
明治の時代から、一本のテグスで巨大な魚影を仕留めてきた海の男だぢが生きているところ。

しゃべってみると、すぐにわかる。
常に結論から、ずばっと口にする海の男だぢ。
その小気味よさに、笑ってしまう。
自然に向き合いながら、人に頼らず、
己の力のぎりぎりを信じて生きている。

この宝の海さえあれば
「おっかないものなど、なんもねえ!」と、
私は、漁師のジジに教えられた。
ここは、はじっこではなく、
海に開けた入口であると気づいた。

このふるさと大間にしっかりと足をつけて、
どんなごっとにも挑戦していぐ。
腹が決まったのは、2000年のこと。
以来、怒涛の勢いで、
まちおこしゲリラ活動を展開してきた。

そして今、新しい挑戦を始めました。
この突端の町で生き抜いてきた人たちの
力強さと心意気を、持続可能なビジネスという形に変えて、次の世代につないでいきたい。

わいどはやるど!わいは、ヤッコ!の
「Y」プロジェクト!

          代表取締役 島康子

all about 島康子

壁があったら、穴を開げろぉぉぉ! まちおこしゲリラ魂に、 一応女の服を着せてみたら、島康子になりました。

公式写真

※右クリックで画像を保存してお使いください。

公式プロフィール

昭和40年、青森県大間町生まれ。慶応大学法学部卒業後、(株)リクルートに入社。東京、仙台での生活を経て平成10年春、17年ぶりにUターン。ふるさとの「濃さ」に圧倒される。 大間がNHK連続テレビ小説「私の青空」の舞台となったことをきっかけに、おもしろがりたい気持ちが爆発。平成12年2月、まちおこしゲリラ集団「あおぞら組」を結成し、「マグロ一筋」Tシャツ・マグロのぼりを開発するなど、おもしろがる心で地域を元気にする試みを行っている。 平成13年から「大間やるど会」の副会長として「朝やげ夕やげ横やげ~大間超マグロ祭り」を企画・実行。「マグロを生かしマグロを超える」まちづくりに取り組んできた。 平成25年4月、あおぞら組の収益部門を株式会社化し、Yプロジェクト㈱を設立。地域限定旅行業にも進出。 平成26年3月、北海道南部・青森県の女性たちと連携し「津軽海峡マグロ女子会」を立ち上げた。 ◎みなとまちづくりマイスター(平成27年度認定)

関わっているプロジェクト

◎北海道南部・青森県の泳ぎ続ける女たちのアライアンス:青森県側とりまとめ役「津軽海峡マグロ女子会」

◎海をつなぐ寄り道旅:「マグ女のセイカン博覧会」

◎大間のまちおこしゲリラ集団「あおぞら組」:直前組長(星空組)

◎下北半島の元気づくりプラットフォーム「NPO法人ぷらっと下北」代表

◎まちおこしゲリラビジネス株式会社「Yプロジェクト」代表取締役

受賞

◎平成26年度グッドデザイン賞(あおぞら組)

◎平成27年度ふるさとづくり大賞 優秀賞(総務大臣賞)

◎平成27年度青森県いきいき男女共同参画社会づくり表彰 奨励賞

◎平成29年第9回観光庁長官表彰(津軽海峡マグロ女子会)

<島康子のまちおこしゲリラ活動の様子がよくわかる動画です>
「理屈こねる前に、まんず動け!マグロ女子は止まらない」

講演のご依頼

ご提供できるのは、これまでの地を這うようなまちおこしゲリラ活動の話とカラ元気パワー注入。 バリエーションはありません。「商品売り切るまではオーマに帰れません…」という 講演まがい商法にチャレンジしてきたけども、不発。むしろ大間に来てもらう「まちおこしゲリラ道場」プログラムをモーレツ開発中!

<入魂のぶっかまし講演料>
青森県内:5万円~のご相談 
青森県外:10万円~のご相談

別途、交通費・宿泊費をちょうだいします。

↓もろもろのご依頼・ご相談は、こちらから
リンク:お問い合せフォーム

あおぞら組